障害者福祉施設の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 職場別 >> 障害者福祉施設の言語聴覚士求人

障害者福祉施設の言語聴覚士求人

全国各地の障害者福祉施設では多くの言語聴覚士が活躍しています。障害によって難聴や言語障害を抱え、日常生活に支障をきたしてしまっている人に対して言語能力の改善のための訓練・リハビリを行います。言語聴覚士がもっともその知識とスキルを生かせる職場といっても過言ではないでしょう。

障害支社福祉士施設では言語聴覚士はどのような仕事を行っているのでしょうか。具体的な仕事内容は障害者の状況や言語能力のレベルによっても異なります。基本的なところでは正しい構音の獲得などを行うほか、発音訓練も行います。さらに重要なのがコミュニケーションのとり方。言語能力に障害を持っている人は思うように自分の意見や感情を表現できないためコミュニケーション能力そのものが身についていないことが多いのです。また劣等感や疎外感からコミュニケーションを諦めてしまっている場合も少なくありません。こうした問題を改善するのも言語聴覚士の仕事。自分の意見をしっかりと伝えられる喜び、コミュニケーションの楽しさなどを訓練・リハビリを通して身に着けていくサポートを行います。

障害者福祉施設の場合、先天的に障害を抱えている人だけでなく、病気や事故で言語障害や難聴を抱えてしまった人を相手に訓練・リハビリを行う場合もあります。脳梗塞による言語障害はその代表的な例でしょう。この場合リハビリは長期間に及ぶことが多いため、精神面のケアも重要になってきます。失われた能力に対する喪失感は大きいものです。思うように進まないリハビリに挫折しかけてしまうこともあります。それを叱咤激励しつつ継続させるのも言語聴覚士の大事な役割です。

障害者福祉施設の求人の動向は安定しています。むしろ高齢化の進行もあって需要がますます高まっている状況です。ただし、求人を探していく場合には少し工夫が必要です。転職エージェントに登録するのはもちろん、より幅広い情報網をうまく活かして探していくことも大事なのです。こうした社会福祉施設では転職エージェントを利用せずに求人を出すケースもよく見られます。公式サイトで募集するのみだったり、介護・福祉関連を専門的に扱っている転職サイトに求人を出すといったケースです。そのため転職エージェントを利用しつつ、障害者福祉施設のサイトをチェックしたり、介護・福祉関連に強い転職サイトからの情報をキャッチできる環境が求められます。またハローワークなど自治体からの情報も見逃せないでしょう。この分野での需要は常にありますから、広い視野で探していけば必ずよい職場を見つけることができるはずです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.