障害児療養施設の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 職場別 >> 障害児療養施設の言語聴覚士求人

障害児療養施設の言語聴覚士求人

言語聴覚士の職場の中でも以前から需要が大きいのが社会福祉士施設。先天的に難聴や言語障害を抱えている子供に対してリハビリや治療、言語能力・コミュニケーション能力の向上などを目指す施設です。高齢化の進行によって高齢者を対象にした言語聴覚士の役割が増していますが、障害児療養施設での役割が低下したわけではありません。

障害児療養施設での仕事では単に障害を改善するための訓練だけでなく、その子供のコミュニケーション能力の向上も言語聴覚士の大きな役割となります。生まれつき障害を抱えているとどうしても健常者とのコミュニケーションがうまく取れなくなってしまいます。もっともよくないのはその子供が劣等感や諦めの気持ちを持ってしまい、最初から他社とコミュニケーションをとらなくなってしまう点です。そうならないためにもコミュニケーションの手段を訓練するほか、ネガティブな気持ちを持たず、前向きな気持ちで自分の環境を受け入れて生きていけるような心を育てることも求められるのです。訓練、という表現は適切ではないかもしれませんが、むしろこちらの方が大事といってもいいほどです。

そのため、言語聴覚の仕事は幅広く、障害児本人だけでなく親をはじめとした家族も業務の対象となります。子供のコミュニケーション能力は、なんといっても家族とのかかわりの中で育てられていきます。親子でしっかりとコミュニケーションが取れないようではどんなに施設で優れた訓練を施しても十分な効果は得られないでしょう。また家族が子供の訓練を施設に頼りきりにしないためにも、日ごろから親へのアドバイス、指導も行っていきます。具体的にコミュニケーションを図る方法や、家庭でどのような接したらよいのか、どんな訓練ができるのかといった対策の指導も行います。

ではそんな障害児療養施設の言語聴覚士求人はどのようにして見つけることができるのでしょうか。まず基本となるのが転職エージェントへの登録ですが、もうひとつ、自治体の情報もこまめにチェックしましょう。自治体が社会福祉施設からの求人情報を提供していることも多いからです。また障害児教育などに取り組んでいる団体の公式サイトをチェックすることでも求人を見つけることができます。転職エージェントではキャリアアドバイザーによる面接・職務経歴書対策などのサポートをうまく活用し、求人情報はより幅広くとりながら探していくのがこの分野での職探しのポイントとなりそうです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.