老人保健施設の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 職場別 >> 老人保健施設の言語聴覚士求人

老人保健施設の言語聴覚士求人

言語聴覚士の求人が増えているのが介護関連を中心とした高齢者施設です。高齢化の進行によって言語や聴覚に障害を抱える人が増えており、その対策・リハビリを担う人材として言語聴覚士の役割が求められるようになっているのです。老人保健施設からの求人もあちこちで見られるようになっており、この分野で自分の可能性を試してみたい人にとっては見つけやすい環境といえるでしょう。

では老人保健施設ではどのような仕事が求められるのでしょうか。医療施設や社会福祉施設などとは若干役割や業務内容、求められる資質に違いも見られるだけに、事前に把握しておく必要があります。基本的には入所、通所している利用者に対してリハビリや指導を行っていくことになります。

入所の場合には長い間施設で過ごしている人も多く、接する際には注意が必要です。あくまで高齢者の自立と尊厳を重視したうえでの治療・リハビリが求められます。また、老人保健施設では脳梗塞など高齢になって起こりやすい病気や年齢による衰えがもたらす言語障害や聴覚障害を抱えている人を相手に作業を行う機会が多くなります。こうした人はかつては健常者で正常にコミュニケーションが取れていた時の記憶があるため、もともと障害を抱えている人とは、リハビリを行うシチュエーションがやや異なってきます。思うように会話ができないもどかしさや苛立ちをぶつけてくるといったケースもあるため、精神面のケアも行いつつリハビリを勧めていく必要があるのです。その点日々の生活の中で接する機会が多い介護福祉士やヘルパーとの連携も大事なポイントとなるでしょう。

それからもうひとつ、利用者の家族へのアドバイスや相談業務も老人保健施設で働く言語聴覚士の大事な仕事です。言語障害が原因で利用者と家族とがうまくコミュニケーションをとることができなくなってしまったり、接し方がよくわからずに悩んでしまっているケースも多いもの。とくに通所で利用している患者の家族には日ごろどう接したらよいのか、リハビリだけでなく日常生活におけるコミュニケーションの方法も含めて対策をアドバイスしていく必要があります。

こうした老人保健施設の言語聴覚士求人は転職エージェントで探していくのがお勧めです。マイナビエージェントやDODAといった転職エージェントでは言語聴覚士をはじめとした介護関連の求人も多く扱っているほか、キャリアアドバイザーのサポートも充実しています。ひとつひとつの求人でどんな仕事が求められているのかを確認したうえで応募するかどうかを判断するとよいでしょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.