NPO法人の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 職場別 >> NPO法人の言語聴覚士求人

NPO法人の言語聴覚士求人

音声機能や言語機能・聴覚に障害を抱えた人の機能回復のための訓練やリハビリテーションに携わる言語聴覚士。その仕事の範囲は広く、耳が聞こえない人だけでなく質語調や言語発達遅滞など言葉の障害を抱えている人への訓練やサポートも含まれます。こうしたケースでは先天的なものや、病気などが原因で子供のころから治療・訓練が必要なこともあります。そのため、医療機関や公的機関だけでなくより幅広い活動の中でこうした人たちの治療環境を用意する必要があります。その中でとくに近年、言語聴覚士の役割が求められるようになっていのがNPO法人です。

ボランティアをはじめとした活動で注目を集めるようになったNPO法人。その活動の分野・範囲も幅広くなっており、全国各地でさまざまな団体が積極的な活動を行っています。とくに子供の治療を教育と結びつけながら行っている団体が増えており、そこでは冒頭に上げた失語症や言語発達遅滞、そして聴覚障害を抱えた子供に対する言語聴覚士の役割が求められているのです。

まだNPO求人からの求人はそれほど多いとは言えず、探す場合には転職エージェントをうまく利用して幅広い範囲から探していく必要があるでしょう。また、NPO法人はその経営理念の都合上、転職エージェントに求人を出さないケースも多いため、言語聴覚士の求人を行っている団体のホームページなどから情報収集を行っていくことも重要なポイントとなってきます。転職エージェントのメリットをうまく活かしつつも自分なりの情報収集を積極的に行っていくようにしたいものです。

NPO法人での仕事は単に言語聴覚士としての技能・知識が求められるだけでなく、担当する障害を持つ人とのコミュニケーションも大事です。治療ではなく一緒に改善・向上を目指していく感覚で、より密接なかかわりが求められます。とくに子供の場合、抱えている障害が人格面に大きな影響をもたらしてしまうケースがよく見られます。健常者とうまくコミュニケーションが取れないために消極的な性格になってしまうといった問題が見られます。そうした心の負い目を感じさせず、前向きで充実した生活を送るための役割も求められるのです。

そのため、言語聴覚士だけでなく保育士や臨床発達心理士、音楽や理学の療法士、さらには保育士との連携による取り組みが行われます。そのため医療機関やリハビリ施設とはまた異なる仕事環境となるため、求人探しを行う際には自分に適性があるのかどうかも見極めておきましょう。転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのもひとつの選択肢となるはずです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.