保健所の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 職場別 >> 保健所の言語聴覚士求人

保健所の言語聴覚士求人

保健所でも言語聴覚士が活躍しています。保健センターと並んで安定した就業環境で働ける職場として人気です。保健センターは市町村を中心とした地域密着型の身近な行政サービスを行っている施設なのに対し、保健所はより広域かつ専門性の高い分野での行政サービスを行っているのが特徴です。そのため、保健所で働く言語聴覚士にもそれにあった業務・役割が求められます。

では保健所で働く言語聴覚士は日ごろどのような業務を行っているのでしょうか。言語聴覚士といえば難聴や吃音など言語能力に支障をきたす能力を改善するための訓練・リハビリを行う仕事がまず思い浮かびますが、保健所の場合はこうした業務は行わず、基本的には相談業務と発達評価を行います。この点では保健センターとほぼ同じ内容といえますが、実際に行う業務となるといくつかの点で違いが見られます。

保健センターの場合、身近な相談業務が多く、たとえば子供がうまく言葉を発音できない、コミュニケーションが取れないといった相談が多くを占めます。それに対して保健所の場合はこうした相談に加えて事故や病気の後遺症、あるいは高齢者の聴覚・言語能力の低下に関する相談もよく見られます。この場合、その対策に対するアドバイスを求められることも少なくありません。つまり、医療機関で治療を受けるべきか、あるいは社会福祉施設、介護施設を利用するべきかなど。また、障害者・高齢者の場合は介護保険の適用を受けて治療・リハビリを受けられるかといった相談もよく見られます。相談に来た人の家庭環境や経済環境なども踏まえた上で総合的な視野にたったアドバイスや指導が求められるわけです。

そのため、医療機関や社会福祉士施設、さらに同じ保健所で働く社会福祉士などとも連携したうえで業務を行っていくことも多く、適切な判断力やコミュニケーション能力なども問われます。言語聴覚士の専門的なスキル・知識を活かしつつより広い技能が求められる職場ともいえるでしょう。

公務員に準ずる待遇のため保健所の人気は高く、なかなか求人を見つけるのが困難なのが実情です。各保健所の公式サイトで採用状況を確認するのはもちろん、転職エージェントの活用も必要でしょう。急な欠員が生じた時に転職エージェントで募集がかけられることもあるからです。登録してあらかじめキャリアアドバイザーに保健所の求人を探していると伝えておけば募集がかけられた場合にいち早く教えてもらうことができます。限られたチャンスを逃さないことが成否の鍵を握ることになりそうです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.