養護学校の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 職場別 >> 養護学校の言語聴覚士求人

養護学校の言語聴覚士求人

養護学校とは特別支援学校ともいい、聾学校や盲学校などと同様、障害児を対象とした教育機関のひとつです。精神遅滞など知的障害のほか、身体の不自由を抱えた障害児を対象としており、その範囲も幼稚園から高校まで幅広く教育が行われています。障害と向き合い、機能の向上や克服を目指した訓練・指導が行われるほか、学校教育に準ずる学習教育も行っています。この養護施設でも言語聴覚士のスキル・知識が重要な役割を担っています。

養護学校で学ぶ子供たちはさまざまな形でコミュニケーション能力に問題を抱えているケースがよく見られます。それは精神面の発達の遅滞だけでなく、体の障害による言語能力の未発達なども含まれます。このコミュニケーション能力の不足が人格形成に悪影響を及ぼし、自立した生活や前向きな性格を得る妨げとなってしまうのです。そうした問題を防ぐためにも言語能力・コミュニケーション能力の教育が養護学校における重要な柱となっています。

ただ、言語聴覚士が養護学校で働く場合にはどのような環境・待遇で働くことになるのかあらかじめしっかりと確認しておく必要があります。方法は大きく分けて二つあり、まず養護学校の教員として働くケース。この場合には特別支援学校教員資格という資格を取得する必要があります。これは認定試験に合格することによって取得できるものです。つまり言語聴覚士の資格だけでは教員になることはできないのです。なお、言語聴覚士の資格を取得している場合には「自立活動(聴覚生涯教育)の種目に係る自立活動に関する科目」が免除となります。

もうひとつの方法は正式採用ではなく、非正規の形で雇用されるケース。この点に関しては学校ごとに環境が異なってくるので一概には言えませんが、教育の一環して外部のスタッフと連携しながらさまざまな取り組みを行っているところもあります。そうした取り組みに言語聴覚士が求められることもあります。

このように、正式な形で養護学校で働きたい場合には特別支援学校教育資格を取得する必要があります。この点を考慮したうえで養護学校への就職・転職を検討していきましょう。求人を探す場合には転職エージェントの理由がまずお勧めです。非公開求人なら養護学校で急に欠員が生じた場合の求人なども見つけることができますから、中途採用を目指す人にとってとくに有利となります。一般公開の求人サイトではなかなか求人そのものが見つからないため、こうしたチャンスをいかにうまくつかめるかがポイントとなりそうです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.