聾学校の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 職場別 >> 聾学校の言語聴覚士求人

聾学校の言語聴覚士求人

聾学校でも言語聴覚士は活躍しています。聴覚の問題を抱えている子供に対して適切な指導を行い、聴力の維持・改善を目指すほか、コミュニケーションの能力の向上・育成も行っています。そのため実際の訓練だけでなく、さまざまな場面で子供と接し、適切な指導を行っていく役割が求められます。

では聾学校の言語聴覚士は具体的にどのような業務を行っているのでしょうか。聴力の維持・改善の指導ではまずなんといっても子供たちが楽しみながら行っていける取り組みが大事です。これは子供たちが前向きに訓練に取り組むためだけでなく、障害に劣等感や負い目を感じさせないためにも非常に重要なポイントとなります。また、一方的な訓練方法を押し付けてやらせるのではなく、子供たちが自発的に訓練を行うような環境作りも大事なポイントです。どうすればもっともよく聞き取れるのか、コミュニケーションを取れるのかを自分で考え、自分なりに対策を行えるような指導を行う。これが聾学校における理想的な環境です。

また、ひとつひとつの子供の難聴や言語障害の状況をつねに把握しておくことも言語聴覚士の大事な役割です。遊戯聴力検査、語音聴覚検査、純音聴覚検査、条件検索反応聴力検査などの各種検査を通して正確な把握に努めます。この結果をもとにその子供にどのような訓練が必要なのか、どのような接し方が相応しいのかを判断し、担任の教師、あるいは保護者、家族ともよく相談しながら子供の環境を考えていきます。

補聴器の取り扱いも聾学校における言語聴覚士の大事な役割です。上述の検査の結果に合わせて補聴器の管理、調節を行うほか、補聴器の店や業者と聾学校との窓口となり、買い替えや新製品のチェック、試聴なども行います。子供たちが適切な補聴器を正しく使えるかどうかも言語聴覚士にかかっているのです。

このように、聾学校における言語聴覚士は非常にやりがいのある環境といえます。ただ求人探しをする際には幅広い範囲から情報を集めていく必要がありそうです。教育施設ということもあり、一般公開の転職サイトには求人があまり掲載されない傾向があるからです。学校の公式サイトや自治体の障害者関連の情報のほか、転職エージェントの非公開求人などもうまく活用していきましょう。転職エージェントではリクナビやマイナビエージェント、Typeなどに非公開求人が充実しているのでチェックしてみましょう。一般公開のサイトだけをチェックしているといつまで経っても見つけられない恐れもあるので注意しておきたいところです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.