女性が活躍する言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> 女性が活躍する言語聴覚士求人

女性が活躍する言語聴覚士求人

医療・介護の分野で活躍する女性が増えています。女性の方が性別を問わず患者や施設の利用者と接することができるというメリットもありますし、仕事と両立しやすい仕事が多いのも理由のひとつでしょう。この点は言語聴覚士においても同様で、この仕事の男女比率は2:8となっており、いかに女性が重要な担い手となっているかがうかがえます。

このデータから見ても、どの職場でも女性が活躍していることがわかります。その点ではとくに女性が活躍する言語聴覚士の職場を探す必要はないわけですが、ただ職場によって働きやすい場合とそうでない場合があります。この点についてもう少し詳しく見てみましょう。

まず残業や休日出勤がどれだけあるか。女性の場合、どうしても結婚や出産、その後の育児といった家庭生活と仕事との兼ね合いが重要なポイントとなります。残業や休日出勤が多い職場ではいかにやりがいのあって自分の能力を活かせる職場であっても活躍できる環境とはいえないわけです。また、体力的な面もあります。病気や事故によって失われた言語能力を回復させるためのリハビリや訓練を行う医療施設、あるいはそうしたリハビリ・訓練に加えて食事の際の嚥下の訓練なども行う老人福祉施設では体力が求められます。仕事が忙しくなれば疲労やストレスも蓄積していくことでしょう。そうした環境では家庭との両立が難しくなってきますし、体力的にも耐えられなくなる可能性があります。

女性の言語聴覚士が自分が働きやすい環境で自分の能力を十分に発揮しながら活躍するためにはこうした事情や傾向を踏まえた上で求人探しを行っていく必要があるのです。たとえば教育施設。こどもの教室など言語障害や聴覚障害、吃音などの問題を抱えている子供を相手にした仕事では女性が活躍しています。子育ての経験がある女性はとくに歓迎されますし、そうでなくても子供は女性の方が心を開きやすい面があります。言語障害を抱えている子供の場合は自己表現やコミュニケーションに対して劣等感を抱えていることが多いため、とくに女性の方が活躍しやすい傾向も見られるのです。

ただ、女性が活躍できるかどうかは職場によっても異なります。医療機関や老人福祉施設でも子育てに理解のあるところもあります。それだけに今回触れた傾向を踏まえつつも広く求人をチェックしていくことが大事になってくるでしょう。その際には転職エージェントをうまく利用し、職場の環境や内部事情、女性のスタッフがどれだけ在籍・活躍しているかなどの詳細な情報を入手するよう努めたいところです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.