土日休みの言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> 土日休みの言語聴覚士求人

土日休みの言語聴覚士求人

言語聴覚士の仕事は就職先によって就業環境が大きく異なってきます。実際の仕事内容や求められる役割もそうですが、休日についても大きな違いが見られるのです。言語聴覚士として働きたいと思っている人の中には土日の休みを確実に確保したいと希望している人も多いはず。この資格は女性の担い手が多く、家庭の両立も仕事を続けていくうえで重要なポイントとなるからです。

では土日休みを確保できる言語聴覚士の求人にはどのようなものがあるのでしょうか。まず確保が難しい職場から見ていきましょう。やはり医療機関はなかなか難しい面もあるようです。入院患者のリハビリ・訓練は土日に関係なく行うケースも多いですし、医師や理学療法士、作業療法士とリハビリの進捗状況や今後の計画について話し合う機会も多くなります。また、事故や脳梗塞などの病気で急に言語障害が発症した患者に対する対応などもあり、どうしても休日出勤の機会が増えてきます。看護師ほどその頻度は高くありませんが、覚悟しておいたほうがよいでしょう。

それから介護関連施設。こちらも休日勤務が求められる仕事のため、確実に土日の休みを確保するのは難しい面もあります。この業界はとくに人手不足が慢性化している点も休日の確保を難しくしています。

逆に確保できそうなのが教育機関。聾学校や養護学校などの教育機関では土日は施設そのものが休みになりますから、確実に休日を確保することができます。ただ、養護学校の教員になるためには教員免許も取得しなければならないため、言語聴覚士の資格だけですぐに就職できるとは限らない点には注意が必要です。

社会福祉士施設も土日に休みが確保できる就職先として有望です。具体的には難聴幼児通園施設や聴覚言語障害者更正施設など。ただこうした施設では休日に訪れる利用者を対象にサービスの提供を行っているケースもあるため、事前に休日についてしっかりと確認しておく必要がありそうです。

こうした傾向を踏まえて検討してみるとまず教育施設が第一の選択肢となり、医療施設や介護関連施設への求人は後回しにした方がよさそうです。ただ、休日環境については職場の実態を確認しないとよくわからない面もあるため、できれば転職エージェントを利用して職場の内部事情なども確認しておきましょう。リクナビやマイナビエージェントならキャリアアドバイザーからそうした情報も入手できるはずです。複数の転職エージェントを登録して賢く情報収集を行っていきましょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.