研修充実の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> 研修充実の言語聴覚士求人

研修充実の言語聴覚士求人

言語聴覚士が活躍する舞台が広がっています。医療関連の施設が多くを占めている状況は変わりありませんが、その比率は確実に低下しており、代わって老人保健施設や社会福祉士施設からの需要が増しているのです。高齢化の進行や障害者教育への関心の高まりが言語聴覚士の重要性を高めている状況です。

その意味では今後さらに市場が拡大し、メリットが多くなることが予想されているわけですが、活躍するフィールドの拡大はその職場への適応という問題も生み出します。また需要に対する供給の低下、つまり人手不足は厳しい労働環境をもたらし離職率の増加をもたらす危険性も秘めています。

こうした問題に晒されることなくよい就職・転職先を見つけるためにチェックしておきたいのが研修制度。入職した後にきっちりとフォローしてくれるかどうか。現場になじむ時間も与えられないままいきなり最前線で働かされたり、責任ある仕事を任されたりしないか。30代以降にこの資格を取得する人が増えており、未経験でも応募可能な求人も増えているだけに研修制度の有無、そして充実ぶりはしっかりと確認しておきたいところです。

では研修充実の言語聴覚士の求人にはどのような職種があるのでしょうか。もっとも充実しているのは医療機関、それも国立病院や県立病院でしょう。患者のリハビリや訓練を行うためには医師や看護師、理学療法士、作業療法士などと連携した作業が求められます。それに対応するためにもしっかりとした研修が欠かせないのです。

また、研修の充実ぶりに関してはその職場や求められる業務に対する研修・教育環境だけでなく、将来的なキャリアアップも視野に入れてチェックしていきましょう。たとえば他の医療・福祉関連の資格の取得を目指すことができるか、より責任が問われる重要な役割を任せられるための研修が実施されているか、院外研修への参加や補助制度が整えられているか。こうした面における研修制度の充実ぶりも長く言語聴覚士として働いていくうえで大事なポイントとなります。

人手不足の職種では研修を用意する余裕もなくすぐに現場で働かれるケースもあります。一方、とくに研修の必要はなく、実務経験を重ねていくなかで必要なスキルやノウハウを身につけていく職種もあります。介護・福祉関連の施設が代表格として挙げられるでしょう。どの職場でどんな研修が必要なのかも考慮に入れたうえで求人探しを行っていきましょう。リクナビやマイナビエージェントといった転職エージェントでの情報収集もお勧めです。キャリアアドバイザーが適切なアドバイスをしてくれるはずです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.