アルバイトの言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> アルバイトの言語聴覚士求人

アルバイトの言語聴覚士求人

1999年に国家資格として認定された言語聴覚士の有資格者は、2014年度ではまだ2万人を超える程度です。これは1年間で1000人〜2000人が資格を得ている計算になります。ただし、近年では人気が上がっている事から増加率がアップしています。一方、日本の高齢化率はかなり高い水準をキープしています。この先20年以上は高齢化率が下がらないというデータもありますので、リハビリテーションの施設はまだまだ増えていく傾向です。

そして高齢者のみの世帯も多くなっている現在では、日常の生活を送るために高齢者のコミュニケーション能力を落さないような取り組みが必要になっています。また、食事においても高齢者では摂食嚥下に障害が出やすいので、そのリハビリにも力を入れていく必要もあります。その対応として、各大手病院では言語聴覚士を専任させる事が常識となりつつありますし、地域ごとのリハビリセンターでも、常駐できるような環境を整える努力がなされています。その他にもクリニックや歯科医院に言語聴覚士を置いて、高齢者対策をしているところも多く見られます。

ですが、広がるニーズに対して言語聴覚士の有資格者数は足りていないのが現状です。もちろん有資格者のすべてが職に就いているわけではないので、その分余計に人出不足の状況になっていると言えるのです。最近の言語聴覚士の求人を見ますと、アルバイト・パートでの求人が目立ちます。それは未就業の言語聴覚士に働いてもらわなければ現場が回って行かない事情があるからです。そのためにアルバイト・パートの求人は都市部ばかりでなく、地方においても多く出されているのです。

給与に関しては時給にして1500円以上が相場です。キャリアやスキルが求められる職場であれば2000円近い求人も出されています。勤務形態は1日4時間以下の週2,3日という短時間の条件から毎日固定した時間帯で3,4時間というものまで、幅の広いシフトが選べるメリットがあります。医療関係の専門職としてはそれ程高い時給とは言えませんが、それも今後改善がなされていく可能性があります。言語聴覚士のステイタスは日本ではまだ低いのですが、欧米では医師としての地位を得ている職種です。専門性の高さと社会のニーズから考えると、日本でもより好条件での雇用がなされるのは間違いがないでしょう。そういう意味も含めて、言語聴覚士の職はやりがいと報酬が得られる職場だという事ができるでしょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.