残業が少ない言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> 残業が少ない言語聴覚士求人

残業が少ない言語聴覚士求人

残業はどんな業種においても敬遠されます。残業が多いとどうしても不規則な生活になってしまいますし、家庭生活にも影響を及ぼします。言語聴覚士の場合、女性の担い手が8割を占めているといわれているだけに、とくに家庭生活への影響が大きな問題となります。とくに結婚・出産により離職からの復帰を目指す人にとって、残業の有無や多さは大きな判断材料となるはずです。

では残業が少ない言語聴覚士の職場にはどのようなものがあるのでしょうか。言語聴覚士の就職先にはさまざまな業種がありますが、おそらくもっとも少ないのは保健所・保健センターでの勤務でしょう。ただこの職場は求人数そのものが非常に少なく、募集がかけられると応募が殺到するためなかなか就職するのが難しい面もあります。

それから教育機関。おもに先天的な障害を抱えている子供の教育や訓練を行うための施設です。聾学校や養護学校のほか、ことばの教室などの選択肢があります。こうした教育施設で残業が生じることは少ないですから、定時どおりに働けるよい選択肢となるでしょう。とくに子供を相手にする仕事だけに家庭との両立を目指している女性の言語聴覚士に適した職場といえます。ただし、養護学校で働くためには原則として教員の資格を取得する必要があるため、教育機関からの求人を探す際には自分が応募資格を満たしているのかを確認しておきましょう。

こうした残業が少ない言語聴覚士の求人は見つけにくいのが大きなネックです。一般公開の求人サイトだけを利用していたのではいつまで経っても見つけられない恐れがありますし、もし見つけたとしてもあっという間に応募が殺到して締め切られてしまうケースもよく見られます。ですから求人探しの手段に工夫が必要です。ポイントとしてはまず転職エージェントを利用すること、非公開求人の中から条件のよい職場を探していくこと、そしてキャリアアドバイザーにあらかじめ残業が少ない求人を探していると希望を伝えておくことで、条件を満たした求人をいち早く教えてもらうことができます。リクナビやType、マイナビエージェントといった転職サイトを利用してみましょう。

もうひとつ、保健所や養護学校などの施設の公式サイトから直接情報収集を行うことも大事です。こうした施設では転職サイトを利用せずに募集をかけることも多いため、日ごろからいくつかの施設に目をつけて求人の動向をこまめにチェックしておくとよいでしょう。残業が少ない求人は人気が高いため、早い段階で発見して応募できるかどうかが成否の鍵となります。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.