ボーナスが期待できる言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> ボーナスが期待できる言語聴覚士求人

ボーナスが期待できる言語聴覚士求人

日本における言語聴覚士の雇用待遇は、その専門性を考えてみると決して好条件であるとは言えない側面があります。それは給与体系があまり良くないという事があげられます。2014年度の統計から言語聴覚士の平均的な年収を調べてみますと、言語聴覚士の平均年収額が422万円という数字になっています。日本のサラリーマンの平均年収が414万円ですから、この年収はそれほど高いとは言い難いかもしれません。ですが、これには理由があります。在職中の言語聴覚士の平均年齢が31,2歳です。まだまだ歴史の浅い業界ですので、全体の年齢が若いという事なのです。同年代の年収で比較してみるともっとはっきりしてきます。日本全国の30代前半の平均年収は384万です。この年収を見るならば、言語聴覚士の平均年収額422万円は決して安いとは言えないでしょう。

さて、正社員であれば言語聴覚士には基本的にボーナスが支給されます。求人サイトの募集要項を見ますと、年2回の支給で月給の1.5か月分〜3.5か月分までと職場によって支給率が変わってきます。一般職であれば、ボーナスはせいぜい2.5か月分が精いっぱいです。もちろん若年層の基本月給が低いので、実質のボーナス金額は高くはありません。しかし利率だけをみるならば、これは大手銀行の社員並みと言っていいかもしれません。そこは専門職の強みだと言えるでしょう。長い不況の影響もあって、いまだにボーナスが支給されない職場はたくさんあります。ですが、正社員の求人ではほとんど賞与の記載がありますので、その点は安心する事ができます。

また、退職金制度を明記している求人もたいへん多く見られます。そして派遣社員や契約社員でも好条件の求人は見られます。これは職場の数に対して言語聴覚士の絶対数が少ないことが大きな理由です。地方でも高齢化社会のニーズから、言語聴覚士を専任させる職場が増えていることもあります。ただし欧米では言語聴覚士のステータスがもっと高くなっています。給与体系もレベルが違いますし、職としての格も数段上に評価されているのです。もちろん資格を得る為に6年生の大学を卒業し、更に数年間の専門課程を経て得る資格ですので、当然といえば当然でしょう。日本では職の価値が適正に評価されていません。しかし確実にニーズが高まっている事から、近い将来は他の医師と肩を並べるステータスを得る可能性は十分にあると言えます。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.