ブランク明け可の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> ブランク明け可の言語聴覚士求人

ブランク明け可の言語聴覚士求人

言語聴覚士は今後需要が増し、人手不足に陥る可能性が指摘されています。需要が増加している一方、この資格や役割の重要性に対する認知度が不足しているのも理由ですが、もうひとつ大きな問題となるのが結婚・出産などによる離職です。現在この資格保有者の男女比率は2:8程度と言われており、看護師ほどではないものの、転職・離職による人手不足の問題を抱えています。

こうした家庭環境が原因での離職からいかに復帰させるかが今後の言語聴覚士の不足を解消する重要な鍵となってきます。また、職場によってブランク明けが可能かどうかの違いが出てきます。たとえば保健所や保健センターではもともと求人が少ないこともあり、ブランクからの復帰はなかなか難しいのが現実のところです。一方もっとも求人数が多い医療関連の施設ではブランク明けの応募もOKとしているところが多いのですが、医療の進歩や高齢化の急速な進行から言語聴覚士に求められる役割や業務環境が復帰前とは大幅に異なっているケースも多いため、「復帰できるか」ではなく「復帰しやすいか」が求人を絞り込む重要な鍵となります。ブランク明けを対象にした研修・教育制度が充実しているかどうかを見ておきましょう。

一方ブランク明けでも歓迎されるのが老人福祉関連の施設です。デイケアや老人保健施設では高齢化の進行に伴い言語聴覚士の需要が急激に高まっています。この分野は全体的・慢性的な人手不足の問題を抱えており、未経験も歓迎されます。ブランクがあっても経験者ならなおのこと歓迎されるでしょう。就職のしやすさならこの分野が一番かもしれません。ただ、人手不足のため忙しい環境で働くことを余儀なくされることが多いので注意が必要です。いくら育児や家事がひと段落したといっても家庭生活を犠牲にしなければならないような就業環境では長続きしないでしょう。この点を注意して求人探しを行っていきましょう。

ブランク明け可の求人ではもうひとつ、ことばの教室をはじめとした教育機関も挙げられます。求人数そのものは限られていますが、子供を対象とした仕事だけに子育ての経験がある女性が歓迎される傾向があるのです。

ブランク明け可の求人そのものはかなり見つけることができます。それだけにこれまで取り上げてきたポイントを踏まえたうえで選択・判断が大事になります。その際には転職エージェントを有効に活用しましょう。リクナビやマイナビーエージェントでは復帰したい職種がはっきりと決まっている場合には非公開求人が役立ちますし、決まっていない場合にはキャリアアドバイザーと相談しながら職場探しを行っていくことができるでしょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.