40代の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> 40代の言語聴覚士求人

40代の言語聴覚士求人

40代は働き盛り、体力的にもまだまだ動け、しかも十分なキャリアを生かせる年齢です。この点は言語聴覚士でも同様です。しかもこの資格そのものがまだ認知されるようになって短いため、長くキャリアを重ねている言語聴覚士が40代に多いのも特徴です。

では40代の言語聴覚士の求人ではどのようなものが見つけられるのでしょうか。冒頭に上げたようにキャリアと体力が活かせる職種から歓迎される傾向があります。数が最も多いのはやはり医療機関。とくに高齢化の進行でリハビリテーション科を設置する総合病院が増えており、そこからの求人が増加傾向にあります。怪我や事故で言語能力に支障をきたした患者が多いため、言語能力の回復だけでなく、日常生活への復帰、あるいは高齢者の場合は嚥下や咀嚼能力など食事に関するリハビリも行っていくことになります。そのため幅広い知識と経験を積んだ40代が歓迎されるのです。また医療機関では理学療法士や作業療法士、それからもちろん医師など他の専門職とチームを組んでリハビリ計画を立てていくことが多いため、コミュニケーション能力や、キャリアに裏づけされた発言力、提案力などが求められる点も40代が歓迎される理由です。

一方、養護学校や聾学校、あるいは保健所、保健センターへの転職は年齢的にやや厳しくなるでしょう。四十代前半がギリギリのところでしょうか。とくに養護学校の教員に就職するためには教員の資格を取得する必要がありますから、その時間も含めてもあまり現実的な選択肢ではなくなります。

40代に入ると将来のことが不安になってくる面もあります。少しでも安定した環境で働きたいと考えるのも無理もないことです。安定した環境なら先にあげた医療機関のほか、社会福祉施設も挙げられます。障害児療養施設や聴覚言語障害者厚生施設といった施設なら40代でも募集可能なケースが見られます。こうした職場では利用者の親をはじめとした家族とのコミュニケーションも大事になってくるため、医療機関とはまた違った意味で40代の人生経験やキャリアが歓迎されます。

このように、キャリアが歓迎される40代の言語聴覚士。それだけに求人探しを行う際には自分のキャリアや長所をできるだけアピールできる求人を探していきたいところ。よい意味で「自分を高く売れる」ところを探すのです。そのためにも転職エージェントの利用は欠かせないでしょう。マイナビエージェントやDODAなら専任のキャリアアドバイザーがその人のキャリアに合った求人先を紹介してくれるでしょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.