30代の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> 30代の言語聴覚士求人

30代の言語聴覚士求人

30代の言語聴覚士はさまざまな可能性に溢れている環境にあるといえるでしょう。年齢的な面でもキャリアの面でもっとも需要が高い世代だからです。とくに高齢化の進行の影響もあって医療の分野以外で言語聴覚士の需要が高まっていることもあり、多様な職種から就職・転職先探しを行っていくことができます。

可能性が開けているからこそ、30代の言語聴覚士の求人探しは慎重に行っていく必要があります。まず基本的な部分としてそれまでどの程度のキャリアを重ねてきているか。年齢制限がない資格・仕事だけに30代ではすでに豊富なキャリアを重ねているケースと、資格を取得したばかりのケースが混在しているのです。この資格の平均年齢は20代後半ですが、30代半ばで養成施設に入学するケースも少なくありません。求人探しを行う段階でこの仕事でどの程度のキャリアを積み重ねているかで選択肢にも違いが出てきます。たとえば障害者や子供を相手に業務を行う社会福祉施設では経験者を優遇する傾向も見られます。

また、将来のキャリアを念頭に入れて求人探しを行っていく必要もあります。30代で就職・転職した場合、次の転職の時には40代になってしまっていることも多くなるため、できるだけ長く働ける、できれば定年まで勤め上げられる職場を探したいと思うのも当然のことです。長く安定した環境で働きたい場合には保健所や保健センター、あるいは国立・県立病院など公務員に準ずる環境で働ける職場がお勧めです。ただこうした職場では求人に対する応募数が多く狭き門となること、またその場合には経験者が優遇されるなどの傾向が見られます。

これからキャリアを積みたいという人には養護学校の教員を目指す方法や、介護施設をはじめとした老人保健施設で働くという選択肢もあります。医療・福祉関連の他の資格を併せて取得することで就職先の幅が広がります。また、需要が多い老人保健施設で第一線で働き続けることで豊かな実務経験を身につけていくことができます。

このように、30代の言語聴覚士の求人探しでは、現時点で自分に何ができるのか、そしてこれから自分が何をしたいのかを見定めたうえで適した求人を絞り込んでいくことが大事です。そこで役立てたいのが転職エージェントのキャリアアドバイザー。マイナビエージェントや求人革命、Typeといった転職エージェントではキャリアアドバイザーがカウンセリングなどを通してひとりひとりに最適な求人の紹介を行ってくれます。言語聴覚士としての将来を決める年齢でもあるだけに後悔のない就職・転職活動を行っていきましょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.