20代の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> 20代の言語聴覚士求人

20代の言語聴覚士求人

20代の言語聴覚士はこれからこの資格の可能性を切り開いていく時期です。この資格の平均年齢は2011年度の時点で25.7歳、2012年では27.1歳と「高齢化」が進んでいます。それだけ需要が増し、年齢に関係なくチャレンジできる環境が整いつつある証拠なのです。ただ20代の若いうちに資格を取得しておけばその分早い段階でキャリアを積むことができるのでその後の可能性がより開けていきます。

そんな20代の言語聴覚士の求人を探す場合には将来に向けてのキャリア形成も念頭に入れて探していくようにしましょう。できるだけ長く働ける職場を探すのが大前提ですが、それだけでなく将来のキャリアアップに有利になる職場を選ぶことも大事です。逆に言えば安定を取るか、キャリアアップを取るかの二者択一が求められる面もあります。たとえば保健所、保健センターといった就職先は給与・雇用環境ともに安定しており、もっとも恵まれた就職先の一つです。しかしキャリアアップという点では一歩劣る面もあるのです。言い方はよくありませんが「潰しが利かない面」もあり、30代、40代になって他の職種への転職を目指す場合に不利になってしまう恐れがあります。

一方、安定した給与・雇用環境ではやや劣るものの、キャリアアップに役立つ職場もあります。代表的なのが介護施設と医療施設。どちらも言語能力に問題を抱えた患者と直接接し、リハビリや訓練を通してスキルに磨きをかけていくことができます。いろいろな患者に合わせて業務を行っていくことで知識・スキルを柔軟にいかせることができるようになりますし、医師や療法士、介護福祉士といった他の専門職と連携しながら業務を行っていくことで言語聴覚士としての幅を広げていくこともできるでしょう。こうした経験が後の転職に有利になることもあります。

こうした事情から、20代の言語聴覚士の求人探しでは安定を求めるか、若い頃は経験を積みこと重視するかの選択も大事になります。将来医療・福祉関連の他の資格を取得することも念頭に入れることも大事でしょう。20代の言語聴覚士ともなれば求人も多数見つけることができるだけに探すことよりも選択することが難しくなってくるのです。

そんな悩みの解消の手助けとなってくれるのが転職エージェントです。キャリアアドバイザーは求人の紹介だけでなくカウンセリングを通したキャリア形成や適職探しの相談業務も行ってくれます。リクナビやDODAといった有名とごろなら質の高いサポートを受けられますから、ぜひうまく利用しましょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.