年収500万以上が可能な言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 条件別 >> 年収500万以上が可能な言語聴覚士求人

年収500万以上が可能な言語聴覚士求人

言語聴覚士の給料及び賞与はどの様なレベルになっているのでしょうか?1999年に国家資格として認定されて以来、言語聴覚士への世間の認識が改められつつあるのは確かです。言語聴覚士の年収を過去の実績から参照してみますと、2014年度のデータでは平均的な年収が422万円という数字になっています。この年収が高いのか安いのかはもう少し比較検討をする必要があります。その前に日本の正社員の平均年収といわれる500万円を超える求人はあるのでしょうか?

実際の言語聴覚士の求人を確認してみますと、転職者などのキャリア採用で500万円を超える求人を見つける事ができます。あるいは実績報酬を基本給与として採用している雇用形態であれば、能力がある程度確かな言語聴覚士では500万円を超える年収のモデルケースを提示している求人もあります。あるいは正社員の場合は基本的にボーナスが支給されますし、年2回の支給が月給の1.5か月分〜3.5か月分までと幅が広くなっています。そこで給料が30万円以上を貰っている方でボーナスが3か月分を支給されるならば、諸手当を含めれば年収が500万円を超える事になります。要するに専門学校卒業の新任言語聴覚士の場合は月の給料も20万円台といったところが相場になりますが、キャリを採用を去れる方にはこの500万円の年収を提示している求人が多くみられるという事です。

実際にこの年収を超えている正社員の言語聴覚士はかなり大勢います。これは専門職の強みだと言えるでしょう。医療業界の専門職である言語聴覚士の平均年収が422万円という数字には理由があります。言語聴覚士の実働平均年齢が31,2歳と若い事が平均年収を引き下げている原因です。まだ国家資格になって20年にも満たない浅い歴史の業界ですので、言語聴覚士全体の年齢層が若いという事があるのです。ですから、平均年収も同世代で比べなければ分かり難いでしょう。日本全国の30代前半の平均年収は384万とデータがあります。この年収を見るならば、言語聴覚士の平均年収額が422万円ですので低いとは言い切れないのではありませんか。それまでのリハビリ師は針灸師やマッサージ師などと共にステータスもそれ程高くはなかったのが現状です。ですが、近年ではその評価が上がりつつあるのです。それが年収にどのように反映されているのかを知るならば、これから将来の言語聴覚士を目指す方々にとっては大いに励みとなる事でしょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.