言語聴覚士に多いストレス

言語聴覚士求人TOP >> 言語聴覚士の転職の基礎 >> 言語聴覚士に多いストレス

言語聴覚士に多いストレス

脳卒中や頭部に外傷を受けて脳に損傷が起こると、言語などのコミュニケーションに必要な機能とか物を食べる機能に障害をきたす場合があります。言語聴覚士は、そのような障害を抱えている方々に機能の改善に向けて訓練をしたり、現行の機能を利用して日常生活や社会生活を営むためのサポートを行う治療を行います。その治療では本人への対応ばかりでなく、患者や家族への症状の説明や心理的ケアも同時に行いますので、かなりのハードワークになるケースがあります。ですが、言語聴覚士の仕事はまだ歴史が浅い事もあって周囲から理解され難かったり、認識されていない部分も非常に多くあります。また、配置される言語聴覚士の絶対数が少ないために、職場環境によっては発言権が弱かったり、軽く扱われるケースもあると言います。その様な理由から現場で活躍している言語聴覚士の中には、ストレスを溜めて疲弊してしまうケースもあるのです。

また言語聴覚士の場合、患者と会話をしながら信頼関係を築いていく面において、他の医師の様に言葉によるコミュニケーションが取りにくいものですから、効果的な治療を施すために必要な人間関係を作るために多くの時間と心配りが必要となります。それもストレスになりやすいのかもしれません。それから、時には患者やその家族からのいわれのないクレームもある事でしょう。配慮の行き届いた対応をしていれば大きくこじれてしまう事はないでしょうが、小さな行き違いの積み重ねでクレームが大きくなる可能性もあり、精神的な気配りがかなり必要な職業です。

多くの言語聴覚士は患者とのコミュニケーションの取り方を経験と論理の積み重ねで培っていくと言います。確かに話したいことが上手く話せない患者さんは、平素からもどかしさやイラ立ちを抱えている事でしょう。そのような精神状態で話すことにストレスを感じやすい患者に、リラックスしてのびのびと楽しく話せる環境作りをするのですから、心使いに加えて医学的なノウハウが必要となってきます。なりたての言語聴覚士にとっては、その域に達するまでの試練はたいへんな苦労となりますし、日々ストレスの試練にあるといえます。ですが、心の治療でもありますので、症状が改善したり、良い結果を得られた時の患者の方々の喜びも大きいものとなります。その喜びを分かち合える幸せは言葉に尽くしがたく、受ける感謝は大きな生き甲斐をもたらしてくれる事でしょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.