言語聴覚士の副業

言語聴覚士求人TOP >> 言語聴覚士の転職の基礎 >> 言語聴覚士の副業

言語聴覚士の副業

■言語聴覚士が収入を増やすには
近年、言語聴覚士をはじめ理学療法士や作業療法士といったセラピストに対する需要は年々高まっています。しかし一方で、その需要を受けセラピストの人口が増加したことにより、これらの職種の年収は減少の一途をたどっています。新卒で言語聴覚士となった時の年収は、10年間で40万円近くも減少したと言われています。

また、言語聴覚士は昇給率が低く、初任給は他の職種と比べて高いもののほとんど上がることはないとも言われています。家族を支える大黒柱の方にとっては収入面で難のある仕事といえるでしょう。そのため、多くの言語聴覚士の方がなんとかして収入を増やそうとさまざまな努力をしています。

■異動、非常勤勤務
転職をすることなく職場環境を変えることのできる病院や施設の異動は、比較的簡単に年収を増やす方法の一つです。ただしこれも近年の言語聴覚士人口の増加によって以前ほど大幅な年収増加は見込めなくなっています。

非常勤勤務の給与は高く、休日も非常勤として働くことでかなり手取り年収を増やすことができていました。しかしこれもまたセラピスト人口の増加によって給与が下がるだけでなく、そもそも常勤勤務者が増えたことで非常勤セラピストが不要になり、仕事そのものが減少しています。

以前までは収入を増やすための確実な方法であったこれらの手段が、今ではほとんど意味のないものとなってしまっているのです。

■言語聴覚士の副業
メインとなる仕事で収入を増やすことができない以上、あとは副業を行うしかありません。しかしどんな職業でもそうだと思いますが、副業は基本的には禁じられています。また副業があまりにも忙しくなり、本業に支障をきたすようになってしまっては本末転倒です。そこでおすすめなのが、ホームページの運営です。

言語聴覚士が求められているのと同じように、言語聴覚士の知識も多くの人に求められています。そこで言語聴覚士としての知識や技術を配信、紹介するホームページやブログを開設し、そのアクセスによって稼ぐのです。より役立つ情報を掲載すれば、アクセス数も伸び十分な収入を得ることができるようになるでしょう。すぐに結果を出すことは困難ですが、長く続けることで確実に読者を増やすことができるでしょう。本業の妨げにならない程度に根気よく続けることが重要です。

■セミナーや講習会の開催
セミナーや講習会は本業と平行して行うのは難しいですが、それほど高頻度でなければ続けることも可能でしょう。ただし職場によってはセミナーや講習会への出演も副業扱いで禁じられていることもあるため、事前に確認が必要です。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.