言語聴覚士の退職金

言語聴覚士求人TOP >> 言語聴覚士の転職の基礎 >> 言語聴覚士の退職金

言語聴覚士の退職金

大手病院のリハビリ課や地域のリハビリテーションセンターで活躍する専門職には、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士に視能訓練士や看護職員、柔道整復師などがあります。治療士としては比較的に新しい職業ですので知名度はあまり高くはありません。職場は8割方が病院やリハビリテーションなどの医療機関ですが、老人保健施設や老人ホームなどの福祉施設や介護施設でも雇用されるケースが増えています。その他、養護学校や障害者施設などにも活躍の場があります。老人ホームなどの福祉施設では食べ物を上手に食べられなくなったご老人も多いため、言語聴覚士は食事訓練の必要で高く求められています。また、学校や育児施設などにも職場はあります。

この様に言語聴覚士が働く職場としては公的な機関もあるために、求人には公務員並みの好待遇が提示されている場合もあります。例えば大手病院での求人では、年1回の昇給と2〜3回の賞与、そして多くの場合で福利厚生の項目に退職金制度の適用を明記しています。各種手当と年間120日以上の休暇を提示しているものも多く、好条件となっています。ただし、ベースとなる給料に関しては医師待遇というよりも看護師レベルといった所でしょう。また、地域のリハビリセンターからの求人でも手厚い賞与と退職金などを含んだ、大手病院の求人と同じような条件が提示されていたりします。

しかし、一方で時給1000円台のアルバイト・パートの求人も見つける事ができます。もちろんボーナスも退職金もありません。近年の職場事情では、この退職金の制度が不採用になっている傾向があります。派遣社員や契約者員、アルバイトの人員が増えているのも退職金の問題が原因の一つになっているでしょう。しかしその様な雇用条件の低下を見直す動きもこの数年間で起こっています。言語聴覚士の様な専門職では正社員待遇にはほぼ退職金の適用をしていますし、休日数を増やし休日の取り方にもバリエーションを持たせています。またサービス残業の撤廃を積極的の行う職場も増えてきているのです。格差社会によって雇用条件の内容も大きく変わりゆく時代ですが、好条件が選べる立場にある方はしっかりとその恩恵を受ける様にする方が良いでしょう。求人サイトを見ますと、言語聴覚士の募集要項には独自の特典が付加されています。言語聴覚士として就職を希望している方は求人情報をしっかりと収集して、比較検討するようにオススメします。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.