言語聴覚士の履歴書のコツ

言語聴覚士求人TOP >> 言語聴覚士の転職の基礎 >> 言語聴覚士の履歴書のコツ

言語聴覚士の履歴書のコツ

どの職種の就職・転職活動においても履歴書は本人の「顔」といえるものです。その一方、担当官はひとりひとりの履歴書を時間をかけてチェックすることは少ないため、簡単に目を通した段階で注意をひきつけるような内容が求められます。その意味でもまさに「顔」と言えるでしょう。

では言語聴覚士の履歴書作成にはどのようなコツがあるのでしょうか。この資格の場合、資格を取得している段階で業務に必要な知識・スキルは身についていると判断されるため、本人の志望動機やキャリアが重視されます。やる気があるかどうか、そして職場への適応能力があるかどうか、です。

志望動機に関しては応募した職場で求められる役割とぴったり合った内容を選ぶことが大前提です。医療機関、介護関連施設、障害者を対象とした社会福祉施設では言語聴覚士に求められる役割もずいぶんと異なってきます。医療機関では歓迎される志望動機でも社会福祉施設では首を傾げられてしまうケースも考えられます。基本となる動機を決めた上で応募先に合わせて職務内容や就業環境への理解をうかがわせる内容を心がけましょう。これは同じ履歴書を複数の応募先に使いまわしていると思われないためにも大事な対策です。

それから履歴書には本人の希望欄があります。そこに就業環境や待遇におけるさまざまな希望を書くわけですが、この点でも応募先に合わせた内容を意識して選んでいく必要があります。たとえば介護関連施設や医療機関では休日出勤や残業の可能性がどうしても出てきます。そんな応募先に残業は避けたい、土日は確実に休みを取りたいなどとはっきりと書いてしまっては融通が利かない人材と判断されてしまう恐れがあります。応募先の勤務状況や事情なども考慮し、希望をしっかりと伝えつつ、話し合いの余地があるような内容にする工夫が必要でしょう。

また、キャリアがある場合にはあまり履歴書でアピールせず、職務経歴書に詳細に記すのが基本です。ただ、これまでのキャリアでどれだけ言語聴覚士として成長できたかをうまくアピールできるような内容にすると担当者の目を引くことができるでしょう。

はじめて就職・転職活動を行う際には履歴書作成ひとつとっても戸惑うものです。そんな時には転職エージェントをうまく利用しましょう。リクナビやマイナビ、求人革命といったサイトならキャリアアドバイザーが履歴書の作成や面接対策のサポートも行ってくれます。履歴書の基本的なマナーやルールなども身につけることができるはずですから、賢く活用すれば就職・転職に役立てられます。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.