言語聴覚士の志望動機

言語聴覚士求人TOP >> 言語聴覚士の転職の基礎 >> 言語聴覚士の志望動機

言語聴覚士の志望動機

言語聴覚士への就職・転職を目指す場合にはどれだけ自分をアピールできるかがポイントとなります。どの業種でもみな同じなわけですが、言語聴覚士の場合はこの資格さえ取得していれば応募可能な求人が多く、応募者が横並びの傾向が強いこと、そして職種・業種によって求められる役割や業務内容が異なるため自分がそれに適した人材であると証明する必要があることなどからとくに自己アピールが大事になるのです。

そんな自己アピールの第一歩となるのが志望動機。履歴書においても、面接においても真っ先にチェックされる部分です。やる気をアピールするのはもちろんですが、仕事への適性をうまく担当者に伝えることが勝負を握る鍵となります。

まずキャリアがある場合にはそれをうまくアピールすること。注意したいのは、それを簡潔にまとめることです。自分のキャリアを強調しようとするあまり長々と書き連ねてしまうケースも多いものです。この点は履歴書や職務経歴書でもよく見られるものですが、志望動機の場合はあくまで「どうしてこの仕事をやりたいと思ったか」を伝える部分ですから、実績は簡潔にまとめ、やる気を前面に出すことが大前提です。

また、自分が言語聴覚士としてどのような考えを持っているのか、将来的なビジョンを持っているのかをさりげなくアピールできるような内容が望まれます。この資格は高齢化社会の進行と切っても切り離せない関係にあります。そうした社会の中で自分がどんな役割を果たしたいのかをしっかりと説明できるようにしましょう。そしてその考えがあるからこそこの職場に応募したのだと相手に納得できるような内容なら最高です。そのために現在の言語聴覚士の仕事や働く現場が抱えている実情や問題点などをしっかとり勉強し、自分なりの改善方法なども考えておきたいところです。

もうひとつ、面接の際に聞かれる機会が多いのが「なぜ言語聴覚士の資格を取得したのか」という問い。これも志望動機と深く関わってくるだけにきちんと考えておきたいところ。言語聴覚士といっても医療機関、介護関連施設、社会福祉施設など働く場によって仕事内容が異なってきます。どんな理由からこの資格を目指したのか、それがそのまま就職先を決める理由となり、応募した志望動機に結びつくわけです。

ひとりで考えるのが難しい場合には転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーのサポートの下で考えていくとよいでしょう。Typeやリクナビ、DODAなどのサイトなら役に立ってくれるはずです。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.