言語聴覚士の求人倍率

言語聴覚士求人TOP >> 言語聴覚士の転職の基礎 >> 言語聴覚士の求人倍率

言語聴覚士の求人倍率

言語聴覚士の求人を確認してみますと、病院のリハビリ課や地域の総合リハビリセンター、または民間のクリニックや歯医者さんでも言語聴覚士の求人がなされている事を知るでしょう。言語聴覚士の仕事は一般的に脳溢血や脳卒中など、頭部にケガや病気を受けた時に起こる言語障害をリハビリテーションによって改善するリハビリと、摂食嚥下の障害を改善する事があります。この症状は多くは高齢者に診られる症状ですので、近年の超高齢化社会ではそのニーズが年々高まっているのです。都市部では新しい老人施設に必ず言語聴覚士を専任させますし、地域ごとに活動しているリハビリ施設でも積極的に常駐させる様になっています。ですからこの数年間、言語聴覚士の求人は増加の一途をたどっているのです。

2014年度のデータを見ますと、言語聴覚士の有資格者数は2万人強となっています。1999年に国家資格として認定されたばかりの資格ですので、まだ少人数の職場と言えるでしょう。ですがニーズが加速度的に増えていますので、相対的に見ますと言語聴覚士の増加率はニーズに追いついていないのが現状です。ある言語聴覚士コースを持つ専門学校では、2014年度の卒業生が20名でした。その専門学校に寄せられた求人数は1000件を超えているというのです。単純に求人倍率は50倍以上になります。もちろん他の専門学校にも同じ求人が出されていますし、応募する有資格者は過去に資格を採った方や転職を希望している方もいますので、実質倍率は数倍の範囲に収まるでしょう。

ですが、特筆すべきはほとんどの専門学校で、言語聴覚士の卒業生が100%就職をしているという事です。このことから、どの職場でも言語聴覚士の確保は急務だと分かります。現社会では高齢者のみの世帯率が高まっており、生活全般の必要をご自分たちで行わなければいけません。その条件を満たすためにコミュニケーション能力を失う事は非常にリスクの高い事です。また、食事が思う様にできない事も健康にかかわる大事ですので、特に言語聴覚士の必要が高まっているのです。そのために求人内容もより条件の良いものが出される様になりました。給与レベルが徐々にアップしてきていますし、ボーナスや退職金制度も充実してきています。また激務にならない様に、充分な休日を設定している職場がたいへん多く見られます。これから就職をお考えの方は、焦らずにしっかりと職場選びをするようにオススメします。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.