言語聴覚士の人間関係

言語聴覚士求人TOP >> 言語聴覚士の転職の基礎 >> 言語聴覚士の人間関係

言語聴覚士の人間関係

脳溢血やくも膜下出血などで脳に障害を受け、突然言語障害になってしまうご老人が増えています。この様に突然状況が変化してしまうとどなたでもパニックに陥ってしまうものです。言語聴覚士の役目は、その様な障害を抱えた方のリハビリをサポートして、日常の生活ができる様に親身な助力を提供する事です。ですが、その治療では患者と人間関係において難しい局面になるケースがあります。特にリハビリを始めた時分では上手くコミュニケーションが取れずに、患者さんがイライラしたり不満を抱いたりするケースはよく起こります。

その理由は、患者さんの心境が沈んでいる事があります。それまで活発に働いてきた方が、突如コミュニケーションが取れずに口ごもってしまうのはとても心苦しく自尊心が傷付く事です。言語治療はそのような心の痛みと向き合う仕事でもありますから、その心を解きほぐすための言動ですれ違いや誤解などが生じやすく、信頼関係を築くまでは本人やその家族との人間関係が歪んでしまうケースもあるのです。

特に新任の時期では経験不足とノウハウの未熟さで、ストレスになるくらいに困難を感じる方もいると言います。人間関係がこじれるというよりも、信頼関係が作れずに困惑するといった感じでしょう。しかしベテランの言語聴覚士は実体験と培った技能で、効果的にわだかまりやいきずまりを解消できる様になるものです。ひとたび信頼関係が作られ、リハビリによる良い効果が見られる様になると、それまでの苦労が全て喜びに変わるのもこの職の素晴らしい所でしょう。

言語聴覚士の職では、同じ職場の職員や医師などとの人間関係でストレスを感じる事は少ないでしょう。基本的に1対1の治療をしていますので、他の医師や看護師と意見が食い違う事が少ないのです。その点ではチームワークを必要とする他の職種の様に人間関係で悩む事はないと言えます。看護師の場合は、人間関係の問題で悩んでいる事が多く、そのストレスから職場を去ってしまう事もよくあります。しかし言語聴覚士は個人の責任でリハビリのカリキュラムを組み、リハビリ治療も自分が中心になって治療を行っていく職業です。ですから、周りからの圧力に悩まされる環境ではないと言えるでしょう。これから言語聴覚士を職に就こうと考えている方は、是非前もって職場を見学しておく事をオススメします。そこで働いている先輩言語聴覚士の仕事ぶりを見ておくのは良い判断材料になる事でしょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.