沖縄県の言語聴覚士求人

言語聴覚士求人TOP >> 地域別の言語聴覚士求人 >> 沖縄県

沖縄県の言語聴覚士求人

沖縄の言語聴覚士業界の現状は、慢性的な人材不足になっています。一般的に言語聴覚士は地域ごとに選任している必要があり、大きく言えば総合病院に一人はいるべき医師だという事です。言語聴覚士の仕事は単に言葉が喋れなくなった方の治療や難聴の方のリハビリだけではありません。小さな子どもであれば、言語障害やドモリの症状だけでもコミュニケーションに支障が生じます。場合によってはいじめの原因ともなるでしょう。また近年の高齢社会では、脳卒中などの疾患で脳からの信号が口や咽喉に伝わらずに、咀嚼が不自由になったり、誤嚥を起こしてしまったりする症状も発生するのです。ですから必要とされる職場としてはリハビリセンターだけでなく、救急病院や精神科病院や小児科に老人保健施設、そして在宅介護支援センター・福祉事務所などになるのです。

この様に沖縄の言語聴覚士が活躍できる職場は大変に多い事が分かるでしょう。ですが、沖縄県内で資格を持っている人数には限りがありますから、実際には本州などからの人材確保が必要です。そこで身軽に移転ができる環境にある方で、沖縄での生活にあこがれている方は求人に応募してみると良いかもしれません。普通であれば、沖縄が好きだからといって気軽に引っ越して来られるものではありません。ですが言語聴覚士として働くならば、それは安定収入の確保になりますし、何よりも沖縄の地域の方々への大きな貢献にもなるのです。

給与面は他のサラリーマンと変わらないレベルですが、仕事の内容はそれ程ハードなところも多くありません。これが看護師や介護士とは違う点です。勤務形態は週休2日のところが多く、しかも土日祝日で休めるのが一般的です。また病院勤務が合わない方は、訪問治療のスタッフになる事もできるでしょう。もちろんフルタイムではなく、パートタイムで効率よく働く事もできます。那覇市の通院患者の多いリハビリセンターなどは、ピンポイントの時間指定で採用をしてくれます。

また、のんびりと地域に密着して治療活動をしたい場合は、中小規模の総合病院もねらい目です。そして、この資格は女性の取得者が多いので、女性優遇の職場環境が積極的に作られています。そこで家庭の時間を取りたい方で短時間勤務を望む場合は、アルバイト・パートの求人を当たってみましょう。沖縄の言語聴覚士では、パートタイムの方がフルタイムよりも時間効率が良い働き方ができるのです。この様に、沖縄県で言語聴覚士として働くメリットはかなり高いと言えるでしょう。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細



TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2018 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.