言語聴覚士(ST)求人サイトランキング

今後ますます必要とされる言語聴覚士(ST)

言語聴覚士(ST)は、話す、聞く、食べるなどの障害に対応し、自分らしい生活を遅れるようにサポートします。生まれつき障害を持った幼児から病気・事故により障害を発症させた高齢者まで、言語聴覚士(ST)を必要とする層は幅広く存在します。

言語聴覚士(ST)の仕事を探すなら、マイナビコメディカルのように非公開求人を多く扱う転職サイトがオススメです。医療機関を中心に言語聴覚士(ST)が活躍できる職場を紹介してもらえますよ。

言語聴覚士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビコメディカル 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■「マイナビコメディカル」では言語聴覚士の求人をフリーワード検索で手軽に探せる!
キャリアアドバイザーによる充実したサポート。専門職の情報提供とアドバイスもビックリ
専門職にも面接対策は不可欠!転職がはじめての言語聴覚士の人でもしっかり対策できる



リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
非公開求人で仕事が探せる!他の求人サイトにはない言語聴覚士の求人もあります。
幅広い業種の求人がラインナップ。さまざまな分野・業種から言語聴覚士の求人が探せます。
■転職活動そのものの情報提供も充実。なかなか入手できない言語聴覚士の転職のノウハウも!



type 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
取り扱っている求人の約80パーセントが非公開求人。言語聴覚士の募集も見つけられる!
■収入・待遇に関する条件交渉を代行。利用者の71パーセントが転職を機に年収アップ!
■言語聴覚士の就職に役立つ履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策のサポートが充実!




DODA 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
扱っている求人数は約4万件。膨大な情報の中から言語聴覚士の仕事を探すことができる。
欠員の補充などの急な補充も多数。医療機関や行政機関からも求人も見つけられるチャンス!
キャリアコンサルタントによるマンツーマンのサポート。言語聴覚士の転職にも対応!



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
キャリコネは昨今利用者が増えているサイト!大手ひしめく中で5位にランクイン!
■まず有期雇用契約で職場の雰囲気を実際に確認してから就職できる制度などもあり!
言語聴覚士の新着求人をいち早くメールでお届け。人気の求人も逃さず応募できます



言語聴覚士は売り手市場?!

言語聴覚士は売り手市場とも言われています。同じ障害のリハビリ・訓練に携わる理学療法士、作業療法士に比べると資格保有者が少ないこと、一方では今後ますます需要が高まっていくことが予想されるため、供給に需要が追いついていない状況なのです。そのため就職・転職に有利な資格として新たに取得を目指す人も増えています。この点は養成施設の入学者の平均年齢が年々高くなっている点からもうかがえます。

では言語聴覚士の就職・転職状況について見てみましょう。まず男女比。男性2割に対して女性8割と圧倒的に女性が多い資格となっています。これは女性にとって働きやすい環境ともいえますし、男性の場合はライバルが少ないためチャンスが大きいともいえます。介護福祉士をはじめ医療・介護の分野では女性の活躍が目立ちますが、言語聴覚士でも同様といえます。

それから年齢について見ると、1997年に誕生したばかりの比較的新しい資格ということもあり、20代、30代の担い手が圧倒的に多いのが特徴です。この2つの世代で全体の7割程度を占めるといわれています。また、年齢を重ねるにつれて男女比率の差が狭まっていく傾向も見られます。これは男性の担い手が増えるというよりも女性が減るのが理由でしょう。どうしても結婚・出産などの理由で離職してしまうケースが女性には多いからです。この点は優れたキャリアを持つ言語聴覚士の確保が難しくなるという問題ももたらしています。

言語聴覚士を求める市場は、就職先の約68パーセントは医療機関が占めています。総合病院のリハビリテーション科やリハビリテーションセンターが主な職場となります。そこでは患者のリハビリを担当するのはもちろん、医師や看護士、理学療法士などと連携しながらチームで作業を行っていくのが特徴です。一方、高齢化の進行の影響もあり、介護・福祉関連の施設からの需要が急速に伸びています。

こうした事情から、言語聴覚士の売り手市場は単に人手が足りないだけでなく、優秀な人材が不足しているという意味を持っています。介護・福祉施設のように慢性的な人手不足を抱えており、とにかく人材を確保することを優先しているところもあれば、一定のキャリアを積んだ即戦力を求めるところもあります。就職・転職を目指す際にはこうした施設ごとの事情を踏まえた上で応募先を検討していく必要があるのです。施設ごとに求められる仕事内容も異なりますから、将来どんな言語聴覚士になりたいかをしっかりと確認して求人探しを行っていきましょう。マイナビエージェントでキャリアアドバイザーのサポートを利用するのもお勧めです。

TOP

言語聴覚士の転職の基礎

条件別の言語聴覚士求人

職場別の言語聴覚士求人

地域別の言語聴覚士求人


Copyright (C) 2014-2017 言語聴覚士(ST)求人サイトランキング All Rights Reserved.